ファイル共有システムとはそもそもなにか

最近、ニュースなどでよく目にするファイル共有システムとはどのようなものなのでしょうか。
パソコンを所持していると、そのパソコンで文章を書いたり、あるいは表を作ったり、絵を描いたりすることがあります。そうしたものはファイルとして保存します。

つまり、この段階では作成者のパソコンの中にしかファイルはありません。
以前はこうした作成物を複数の人に配信したいという場合は、メールの添付機能などを利用して、作成者側が一人一人に送信しないといけませんでした。しかし、メールで送れるサイズは数メガバイト程度のものであり、動画を送りたいといった場合は到底不可能です。

そこで、ブロードバンド回線の普及と共に多くの人に使われるようになってきたのがファイル共有システムです。

livedoorニュース関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

これは、インターネットを通じてサーバー上に文書や音楽、動画などをアップロードして、特定の人、あるいは不特定多数の人に勝手にダウンロードしてもらうというものです。この方法であれば、作成者が一人ずつ送信しなくても多くの人に渡せることが出来ます。



また、パスワードを設定することで、そのパスワードを知っている人にしかダウンロード出来ないようにするということが可能なので、セキュリティも保つことが出来ます。



また、社員やグループの仲間など、知り合いが共有システムを借りて、そこに画像などをアップロードすれば、仲間内だけが見られるアルバムを簡単に作成することが出来ます。



Copyright (C) 2015 ファイル共有システムとはそもそもなにか All Rights Reserved.