スケジュールを管理するなら紙の手帳が一番です

仕事、プライベートを問わずスケジュールを正しく記憶する事は、大人の基本です。


約束を忘れてしまう社会人は、残念ながら友人や同僚から信頼されません。
記憶力の高さはそれぞれですが、スケジュールを把握するスキルを学んでしまえば、能力に依存せずに済みます。



例えば定番の管理方法として使われるのが、スケジュール手帳です。
いつ、どこに、誰と、その目的で、そういった基本的な情報を手帳に随時明記すれば、予定は厳密に管理出来ます。

Girls Channelの情報を要約した情報サイトです。

一見、予定の管理とは無縁に見える芸術家や作家といったアーティストの方々も、今ではごく普通にスケジュール手帳を携帯しています。


情報化社会となった昨今だからこそ、職業や年齢に関係なく管理のスキルが問われているのです。
手帳といっしょに小型のペン、3色ボールペンを携帯しておけば、いつでもサッと予定が記載出来ます。
デジタルのアプリ等もオススメですが、信頼性の面ではやはりまだまだ紙の手帳の方が優れています。

タブレットやスマートフォンだと電池切れやデータ破損のリスクがありますが、紙のスケジュール手帳でしたら、まず内容が消えてしまう恐れがなく、充電の必要も無いです。



また3色ボールペンや蛍光ペンで、プライベートとビジネスの予定を区別して管理出来る等、アナログだからこそ実現する柔軟性があります。デキる大人ほど、アナログのツールを重視しています。


デジタル全盛期の今日だからこそ、芯ホルダーや手帳で予定を明記し、大局的なライフスタイルの計画を練りましょう。


Copyright (C) 2015 スケジュールを管理するなら紙の手帳が一番です All Rights Reserved.